1.30.2012

Leo Rojas - Das Supertalent 2011

ドイツのテレビ局RTLテレビジョンで放送されているDas Supertalentという番組があります。

この番組はドイツ版ゴッド・タレントみたいな番組で、かの有名な英国の歌姫「スーザン・ボイルさん」が発掘されたように、この番組で優勝すると「トップスターになるのも夢じゃない!」という番組なのです。それだけに出演者のレベルも高いです。

この番組で昨年優勝したのは、Leo Rojas(日本語読みはリオ・ロハス?・・かな?)という南米エクアドル出身の男性で、その演奏がとても素晴らしくて感動してしまいました。

演奏している曲は、日本でも有名な(私も大好きな)El Condor Pasa(コンドルは飛んでいく)で、使用している楽器はロンダドール(サンポーニヤ?)、ケーナ、チャフチャスといったお国柄を表しているフォルクローレなものなのですが、彼の演奏スタイルは野性的というか、男性的というか、私の大好きなフィンランドのミュージシャンJarkko Ahoraにも似てて、それがとても印象的で「格好良い」のです。

Leo Rojasさんは、この番組に出るまではドイツでストリート・ミュージシャンをされていたらしく、YouTubeで検索してみたところ、その当時の映像らしきものも有りました。
番組に出演されるまでは、生活もかなり苦しかったみたいです。
最終選考時には、故郷のお母さんもドイツにいらしたみたいで、それを知ったLeoさんがお母さんと抱き合って涙している様子も有り、かなり感動的でした。

その時の様子が、Das Supertalentのホームページに動画で残っていました。
LEO ROJAS - EL CONDOR PASA IM SUPERTALENT HALBFINALE VIDEO
(↑をクリックしますと、Das Supertalentで観ることができます)

ドイツ語はわかりませんが、英語と同じ語源なので、演奏後の司会者や審査されている方々の話している内容はなんとなく理解できます。

ストリート・ミュージシャンがこの番組で優勝して、一躍「時の人」になり、故郷のエクアドルでも有名になって、まさにスーザン・ボイルさんのよう・・。

彼の初アルバム「Spirit of the Hawk」が日本でも2012年2月7日に発売されるみたいです。
Leoさんの演奏をもっと聴いてみたいので、買ってみようかなぁ。。と思うこの頃です。

※ところで、私が何故Leoさんを知ることになったかと言いますと・・・・。
今年ギターかウクレレを再度演奏してみたいなぁ・・と思っていて、弦楽器を調べていたのです。
最近小さな楽器に非常に憧れていて、ギターよりはウクレレがいいかなぁと思って似たような形状の楽器を検索していたところ、南米に「チャランゴ」という楽器があることをしりました。
このチャランゴの音色がとっても素敵で、しかも見た目も装飾的で美しいなと思ったのです。
このチャランゴ繋がりでフォルクローレな楽器をYouTubeで調べていたところ、発見したのがLeoさんでした。
南米の楽器は素朴て素晴らしい音を出すものがたくさんあると知って、最近はそういう楽器に惹かれています。

6 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

YouTubeでたまたまLeoさんの動画を見ました。美しい音色に感動しました。
大自然の中が似合う彼が、とてもカッコ良かったです。しばらくの間、彼の演奏にハマりそうです。

fuji さんのコメント...

コメント有難うございます。
私も同じです。最初彼の演奏を聴いた時、感動して何度も聴いたものでした。
色々な方々が、様々な楽器を使って同じ曲を演奏されていますが、彼の独創的な演奏スタイルがとても素敵で、カッコ良いですね。
コメントをいただいて、私もまたLeoさんの演奏を聴きたいと思いました。
何度聴いても、素朴で良いですね。

匿名 さんのコメント...

急なコメント失礼いたします。
私も、町中でのサンポーニャ演奏を聞いて南米の楽器やフォルクローレに興味を持ちました。
そこでyoutubeで検索をかけてみたところ、leoさんの美しい演奏に心を打たれてしまいました…
本当に素晴らしいですよね!
とても共感いたしましたのと、同じような方がいらっしゃったので、コメントさせていただきました。

fuji さんのコメント...

コメント有難うございます。コメントをいただいて、私も先ほど久しぶりにLeoさんの音楽をしばし聴いていました。やっぱりLeoさんの演奏スタイルは独特で、何度聴いても素晴らしいですよね♪ 私も南米のフォルクローレすごく好きです。素朴な音色が好きなんですよね。

Yumi さんのコメント...

こんにちは!コメント失礼いたします。
私はコンドルが飛んでいくの曲が大好きでYouTubeを見ていたらLEOさんの動画にたどりつきました。
LEO さんの躍動的、野性的、全ての生命力を感じるような演奏、そしてLEO さん自身に虜になってしまいました。LEO さんを見たのは初めてなのに、何故か懐かしいと言うか、愛しい、そんな気持ちにさえなりました!一度生で聞いてみたいものですね!

fuji さんのコメント...

Yumiさん、コメント有難うございます。
私も「コンドルは飛んでいく」の曲、大好きです。それと「花祭り」も♪
やはりLeoさんからは皆さん、野生的、躍動的なものを感じられるのですね。
それがLeoさんの魅力なのでしょうね。うん、うん、わかる、わかる、Yumiさんの気持ちよくわかりますよー。
本当に、一度生で聴いてみたいものですね♪