3.09.2012

共時性と現実化


先月くらいから、心が少しだけ変化しているのを感じます。
穏やかになってきたというか、心が座ってきたというか、ブレても修正がすぐにきくようになってきたというか。。。
以前は精神世界のことは何か特別な事のように考えていたのですが、普段の暮らしも全てが溶け込んで調和されて、「在るがまま」になって、それが自然になってきた感じです。何も特別な事じゃないけれど、だけど全てがタイミングよく顕れる・・・そんな感じです。

<丹光のこと>
以前よりも丹光のヴィジョンがくっきり視えることが少なくなってきたように思うのですが、それでもはっきりと視える時は、なにかを伝えているようです。

先月、はっきりとした金色のハンマーのヴィジョンが見えました。
とても綺麗なハンマーでした。
「金の斧」という童話なら知っていますが、金色のハンマーってどういう意味なのでしょう。
それもそのうち分かってくるでしょう。
<※追記---この金色のハンマーが見えてから1週間くらい後(多分それくらい)、突然主人から今年中に家を改装したいと提案されました。いつかは改装したいとは聞いてはいましたが、まさかこんなに急にその話になるとは思っていなかったので驚きました。ひょっとして、この金色のハンマーは「家を改装する」という意味の象徴的なイメージだったのかな?と思っています。そうなると予知ヴィジョンになるのかもしれません。--->

もう一つ。
放射状に梵字のような文字がたくさん顕れてきました。
「梵字のような文字」と書いたのは、私が梵字に詳しくないからで、見えた文字の形を何となく覚えていて、ネットでいろいろな文字の情報を調べてみたところ、どうやら梵字に似ていると思ったのです。
ヴィジョンが見えても、心は平静になってきていて一喜一憂せずに、そのものを味わう感覚になってきています。

<最近の出来事>
最近心にゆとりが出てきたおかげか、耳をすましたり観察していると、身の回りのものが、それぞれの世界感を伝えてくれるようになってきました。

例えば、雪が降る前に玄関に取り込んでおいた大きな「縁紅弁慶 (通称-金のなる木)」の鉢。
毎年12月に移動して、雪が降らなくなった頃に戸外に出すのですが、例年なら今頃がその時期なのに、今年は今週末も雪が降るみたいで、外に出すのを少し待ってもらっています。
ところが「金のなる木」自身は、 残っていた古い葉を自ら毎日ポロポロと落とし、新芽も出し始め準備万端の様子。外が恋しいみたいで、幹も葉も陽の光が射す方に向かって斜めに傾いてきて、

「そろそろ我慢の限界なんです〜。早く外に出して下さい〜。」

と言っているように聞こえます。
少し哀れに思い、晴れた日は空気を入れ替えてあげたりするのですが、外を凝視しているようにも見えます。
もう少しの辛抱だからね。

あと、以前だと偶然起こった事だと思い驚いていたことが、最近では驚かなくなった代わりに、「在りてあるもの」に助けてもらっていると感じる出来事が多々発生してきています。

そうすると、どんどん共時性も強くなってきて、願ったことがすぐに現実化するもの、数ヶ月後に現実化するもの、一年後に・・・と掛かる時間はそれ相応ですが、それでもやっぱり気づけば現実になっていると気づいたのです。

ちょっと最近のエピソードを。
家族が今流行りの「塩こうじ」に興味を持ち、塩こうじを買ってきて欲しいというのです。
私もちょっと興味があるので、どのようなものかと昨日スーパーで塩こうじを探していたところ、、塩こうじはかなりお値段がするのと、製造者によって形状も違っていて、
「さて?どうしたものかな?自分で作るって方法もあるけど、どうしたらいいのかな? 材料は何が必要なのだろう? ネットで調べてから来ればよかったかな?」
と考えていたら、すぐ後ろから声を掛けられたのです。
「簡単ですよ。ほら、ここにレシピが有りますから。」
全く初対面の方ですが、塩こうじを作っていらっしゃる方がすぐ側でお買い物をされていらして、いろいろと教えて下さったのです。本当に有難かったです。
こういう状況って、数年前だったら、なんて偶然!ラッキー♪と思っていたのですが、そのタイミングの良さを作っているのが、偶然じゃないということにも気づいてきたのです。
その時購入したこうじ。

今朝材料を混ぜ合わせたばかりの塩こうじの様子。
これから毎日かき混ぜて作っていきます。

先先週のことですが、何故そういう心境になったのかは覚えていないのですが、朝、田中貴金属さんのHPでその日の金の価格を見て、
「へぇ〜、金ってすごい高騰しているんだねぇ」
と、義父に話しながら、
「この捨てようと思っていたリングも「金」だったら、値がつくのかな?」
と、机の上にそのリングやら、20年以上前に購入した安物のアクセサリーなどを集めて置いておいたのです。
機会があれば、査定してもらおうと思っていました。

そうしたら、その5分後、玄関のチャイムがなって、駅前の貴金属店さんがチラシを置いていかれました。その日の相場はHPを観て分かっていたし、若い頃に購入した古いデザインのアクセサリーは机の上にまだあるし。。。
査定は無料だと言われて、ネット上の本日の買取価格に極力近い金額だったので、査定師さんに査定だけしてもらったところ、メッキだと思っていたネックレスがk21だとわかり(これは売らなかったけど)、捨てようと思っていたリングはかなり良いお値段で買い取ってもらえました。
驚いていたのは義父で、
「さっき金の相場の話をしていたばかりなのになぁ。」
(その時のお金は、或る事の為に役立てようと思っています。)

他にもいろいろな出来事があるのですが、また追々と書いてみようと思います。

2 件のコメント:

ふらう さんのコメント...

こんばんわ♪
以前、娘も自分も丹光を見ると書いた匿名です。(「ふらう」とお呼び下さいませ♪)

金槌が思い浮かぶって面白いですね~(笑)
あと梵字・・・これこそ読むのが難しそうですね。

自分は一昨日、瞑想していたら目の前にある透明なガラスがバリーンと割れて破片が自分の周りをキラキラと飛んでいくイメージが見えました。文字は楔形文字が何度も見えるのですが、これも梵字と同じく読むのが難しい(というか読めない)です。

これからも気功や丹光関連記事、楽しみにしています(^▽^)

fuji さんのコメント...

ふらうさん、こんにちは^^
コメント有難うございました。

ガラスの破片がキラキラと飛んでいくイメージ♪
想像してみました。綺麗♪
硬いイメージの何かから、開放されたのかしらね?^^

楔形文字も判読するのは、確かに難しいですよね^^;
何度も見えるということは、ふらうさんに何かしらのメッセージを送っているのでしょうね^^

金色の金槌(ゴールデンハンマー)の意味。
あのあと、主人から改築の話もチラッと出ているので、その啓示だったのかなぁ?なんて思っています。

昨日私もまた梵字(多分・・)が放射状に見えました。
それといつも見えている龍の骨が筒丈になって、まるで龍穴のようになっているんです^^
不思議だなぁと思いつつも、何だか温かい感覚に包まれました。
最近気分がとても良いのです♪

ふらうさんの今後の丹光報告、楽しみにしています^^v
宜しければ又よろしくお願いしまーす。